MENU

 

スイートラインメニュー

 

命令や指示オナニーは簡単かつテレフォンセックスとの相性抜群!

 

命令や指示オナニーは簡単に楽しめて女性が興奮します

 

いきなりですが質問です。

 

あなたは女性とセックスする時に命令や指示オナニーをした事がありますか?

 


オナニーは通常であればプライベートな空間で1人で行うのが当たり前の行為ですが、命令や指示オナニーは異性に対して自慰行為を口で指示・命令しながらその様子を楽しむ一般的には変わったプレイです。

 

指示や命令された者は、指示通りにオナニーを相手の目の前で行わなくてはなりませんから、

かなり恥ずかしさを伴うプレイ

だと言えるでしょう。

 

この命令や指示オナニープレイですが、実はテレフォンセックスと相性抜群なプレイなのです。

 

しかも、テレフォンセックスにおける命令や指示オナニープレイというのは

簡単かつ気軽に実践できる

というメリットがありながら、多くの女性が喜び興奮するという男性にとって美味しいプレイとなりますので、是非とも皆様には覚えて欲しいテクニックになります。

 

今回は、テレフォンセックスにおける命令や指示オナニープレイの具体的なやり方とサンプルなどを以下に紹介しますので、是非とも覚えて実践してみて下さい。

命令や指示オナニーを駆使したテレフォンセックスが簡単な理由

まず初めに、命令や指示オナニープレイをテレフォンセックスで行うのが、なぜ気軽で簡単であるかついて説明します。

 

これはシンプルな理由であり、命令や指示というのは

一方的に言うだけで成立する会話

だからです。

 

例えば、

俺の言うことを何でも聞け!

これだけでも立派な命令になります。

 

指示であれば、

今履いてるパンツを脱げ!

紛れもなく指示していますよね?

 

このように、たった一言で命令や指示というのは成立するのです。

 

また、ツーショットダイヤルを利用したテレフォンセックスは基本的に見ず知らずの女性が相手となりますので、命令や指示を躊躇なく行えるというのも命令や指示プレイが簡単である理由の1つとなります。

 

彼女や友達が相手ですとなかなか厳しい命令や指示をするのが難しいという部分が出て来ますが、赤の他人でしたら迷う必要はありませんので思い切り命令や指示オナニープレイが楽しめるでしょう。

具体的なやり方とプレイの組み立て方について

プレイのやり方についてですが、まず重要なのは命令や指示する時の口調と言葉のチョイスです。

 

命令や指示というくらいですから、弱々しい言葉は絶対にマイナス評価となります。

 

なるべく

強くて堂々とした口調を心掛けるべき

です。

 

また、相手の女性の性格をしっかりと見極めてから、命令や指示オナニープレイは行いましょう。まだ女の子が興奮もしていないのにオナニーを命令したり指示するのは逆効果。素の状態で行っても相手を不機嫌にするだけです。

 

まずは女性との会話を楽しみながら軽い下ネタやエロ話をして、テレフォンセックスOKという状況まで持ち込むのが最低限の準備となります。

 

上記では命令や指示は男性が口にするだけで成立する簡単なプレイであると書きましたが、女性の性格やテレフォンセックスのプレイ内容に応じて命令や指示オナニープレイの組み立てを臨機応変に行っていく必要があります。

女性の性格やタイプによって内容を変えましょう

上記でも少し述べましたが、命令や指示オナニープレイというのは相手の女性の性格やテレフォンセックスの仕方によって変化させるべきです。

 

特に女性の性格というのは千差万別と言えますので、まずは相手の女性がどのような性格であるかを見極めるべきです。

 

例えば、相手の女性が大人しくて控え目な性格である場合は、最初から

「もっとエロい声で喘いでみろ!」

などの無茶振りは相手を委縮させてしまうだけですので控えるべき。

 

まずは、紳士的なトークで相手をリラックスした状態にする方法を考えましょう。相手は大人しい性格の女性ですから、まずは女性が答えやすいライトな質問から始めるなんてのが理想的だと思います。その答えを元に、徐々にエロい会話を膨らませて行きます。

 

相手がリラックスした状態になり、テレフォンセックスを受け入れる準備が整ったことを確認したら、やはり軽めの命令や指示から優しい口調で行うべきですね。

 

エッチな声が出始めてるね?じゃあ、乳首を自分でコリコリと転がしたり抓んだりしてごらん?

こんな感じが理想です。

 

女の子が問題なくリアクションしてくれた場合は、徐々に命令や指示内容をハードにして行きます。このようなプレイ内容にすれば大人しい性格の子でも、命令や指示オナニープレイを取り入れたテレフォンセックスも十分に楽しむことが出来るでしょう。

 

逆に、電話が繋がった子が明らかにエロくて積極的な女性であれば、余計な前戯は行わずにハードな命令や指示オナニーをお見舞いして問題はありません!

 

とにかく、女性の性格をしっかりと見極めてから適切なプレイ内容を考えて実践して行きましょう。

覚えたら他のテクニックとの組み合わせにチャレンジ!

さて、テレフォンセックスにてどのような女性とでも気軽に命令や指示オナニープレイを楽しめるようになったら、

次は更なるレベルアップ

を目指して行きましょう。

 

命令オナニー・指示オナニーの脱初心者となった皆様が行うべき次のステージ。

 

それは、他のテレフォンセックステクニックとの組み合わせを考えて実践するという高度なプレイになります。

 

例えば、

イメージプレイやストーリプレイとの組み合わせ

などはどうでしょうか?

 

お互いにキャラクター設定を決めて、テレフォンセックスのストーリ展開も練った状態でテレフォンセックスを楽しむのがイメージプレイやストーリプレイです。

 

ノーマルテレフォンセックスと違い、ストーリ展開のあるプレイが楽しめるので興奮度は間違いなく高まります。そこに女性への命令や指示オナニープレイも取り入れれば、両者のプレイのシナジー効果により極限の興奮度を味わえるのです。

 

また、

言葉責めテクニックとの相性もかなり良い

ですね。

 

女性に対して汚い言葉や屈辱的な言葉を敢えて投げつける言葉責めプレイですが、これは命令や指示オナニーの合間にいれてもまず不自然ではありませんので非常に利用価値が高いでしょう。

 

例えば、こんな感じ。

お前、もう濡れてんのか?相当な男好きの淫乱ビッチなんだなお前は!

 

じゃあ、俺が聞いててやるから股を思い切り開いて何時もやっているようにオナニーしてみろ!

 

良く俺に聞こえるようにマイクをオマンコに近づけるのを忘れるなよ!?

このように命令オナニーをする前に、淫乱ビッチという屈辱的な言葉を利用することにより、相手の羞恥心を煽ることが可能です。

 

また、ハードな言葉責めになればなる程に、SMやアブノーマルプレイ要素が強くなりますので、ノーマルテレフォンセックスから脱却したいと思っている方にも利用価値の高いミックスプレイとなります。

 

上記のようにテレフォンセックスの様々なテクニックと命令や指示オナニープレイを組み合わせる事により、プレイの興奮度や刺激を自由自在に高めたり調節することが可能となります。

まとめ

 

多くの女性が癖になり求めて来ます

 

如何だったでしょうか?

 

命令や指示オナニープレイは自慰行為を人前で行うという一般的には非常に恥ずかしい行為であり、かなり異常な状況ともいえるプレイになりますが、

一度でもその魅力にハマった女性は癖になる子が多い

アブノーマルプレイの代表的なプレイでもあります。

 

テレフォンセックスという電話のみのプレイでしたら、女性にとっても敷居は低いというメリットもありますし、プレイの手順を間違えなければ女性の興奮は間違いなくノーマルプレイより高まります。

 

また、最近ではテレフォンセックス慣れした女性から命令や指示オナニーを求められる事も多くなりましたので、是非とも覚えてチャレンジして頂きたいテレフォンセックステクニックとなります! 

 


PAGE TOP