MENU

 

スイートラインメニュー

 

鬼畜指示オナニーや言葉責めなどドSテレセ向きのSM2ショット回線「絶対凌辱」

絶対凌辱無料お試しポイント絶対凌辱の無料お試しポイント「1,000円」分プレゼント中!

絶対凌辱の番組解説

 

絶対凌辱は1000円分の無料ポイントが付いています

男から罵られることに性的な快楽を感じるトド変態M女達が集まるSM専門のテレフォンセックス回線が「絶対凌辱」です。女性年齢は幅広く毎日の命令オナニーが日課のOL、ドS男に発情するJD、テレクラ仕込みの喘ぎ声が激しい人妻&熟女まで多彩なラインナップ!電話1本で直ぐに言葉責めや命令オナニーを駆使したSMテレフォンセックスを体験することが可能です!

 

機能面はシンプルです。全国共通の1電話番号に加えてツーショットコーナーと伝言ダイヤルという構成。女性のアクティブ率はかなり高いので女性探しに苦労することはありません。過激なドSテレフォンセックスを求める男性にとって最高のシチュエーションと言えるSMツーショットダイヤル番組です。

絶対凌辱の地域電話番号と無料コード紹介

地域別の電話番号選択 近所のHな女の子に繋がります!

 

絶対凌辱の機能と評価

テレフォンセックス目的
テレフォンセックス目的での利用
ドS女性とのテレフォンセックスを気軽に実現してくれる本格SM系ツーショットダイヤルです。女性の多くがSMテレフォンセックスを目的としていますので、直ぐに強烈な音声Hプレイを楽しむことができるサービスとなっています。

 

出会い・テレクラ目的
出会いやセフレ探しなどのテレクラ目的
SMテレフォンセックス目的の女性が多いですが、性癖マッチング次第では十分にSMテレクラとしても利用可能!但し、地域別の電話番号が全国共通の1箇所のみですので、早めにターゲット女性との地域マッチングを行う必要があります。

 

女性年齢層や女性数
女性の年齢層や女性数
女王様や痴女などドSタイプの女性に強いSMツーショット回線ですので、ノーマル系のサービスと比べると女性数は少なくなります。女性年齢層は20代~50代までと幅広いのでM男性にとっては非常に重宝するサービスだと言えます。

 

2ショット・伝言ダイヤルの質
ツーショットダイヤルと伝言ダイヤルの質
男を調教することに喜びを感じるドS女性ばかりと電話が繋がる本格SM系ツーショットダイヤル。ツーショットコーナーと伝言ダイヤルのシンプルなシステムですが、行動的な女性が多く盛り上がっているSMツーショット回線です。

 

オリジナル要素やメリット
独自の機能やオリジナル要素など
最大のオリジナル要素はドSタイプの女性ばかりが利用するツーショットダイヤルであるという点です。逆言葉責めや射精管理、SM調教で激しく女性から犯されたいドM男性にとっては最高のシチュエーションが整っている番組です。

絶対凌辱総合評価は「4.5星」

絶対凌辱の総合評価
絶対凌辱の総合評価は「4.5つ星」の高評価!

極上の「マゾ女」と電話が繋がる老舗のSMテレフォンセックス回線!

 

「絶対凌辱」は基本的に正統派なSM専門ツーショットダイヤルですが、女性の殆どが「Mタイプ」である点が特徴的。かなりハードなSM調教を経験している子も多く、鬼畜なプレイや言葉責めが効果的です!基本システムはシンプルでありツーショットコーナーと伝言ダイヤルの2種類となっています。SMパートナー探しの場としても利用できますが、どちらかと言えばSMテレフォンセックス待ちの女性が目立ちます。女性年齢は20代~6代までと幅広いので、Sタイプの男性であればメインのテレセ回線として重宝するサービスだと言えるでしょう。

 

ある意味でS男としてのテレフォンセックススキルは必須です!ライトなM女よりハード真性マゾ女が目立ちますので、中途半端なSMテレフォンセックスでは満足できない女性ばかりです。言葉責め、イメージプレイ、命令&指示オナニーなどのテクニックは必ず覚えてから利用すべきです。地域別の電話番号は全国共通の1番号のみの対応です。

体験談やクチコミ

絶対凌辱の体験談やクチコミ

大阪府(50歳) 俺の声に敏感に反応し、アソコをグチョ濡れにしながら「ご主人様のオチンポは最高です。」「もっと痛くして下さい。」などとドM丸出しの言葉を聞けるのが絶対凌辱の魅力ですね。残念ながらMタイプの男性には不向きなツーショット回線となりますが、S男には最高のツーショットダイヤルだと断言できる。SMテレセに慣れている俺は問題なく楽しめるが、テレセ初心者にとっては少し敷居が高いかもしれない。まあ、女性によってはMレベルもそれなりに幅があるので、コール数を回せば自分にマッチするM女が見つかるだろう。伝言ダイヤルはかなり細かいプレイなどもマッチングできるので状況次第で活用すべき。

 


PAGE TOP